実際に摂取する

核酸を含む食品

では、核酸を効果的に摂取してやるためには、どんなものを食せば良いのでしょうか。以下、核酸を豊富に含んでいるといわれているものを、いくつかご紹介してみたいと思います。

  • 大豆
  • 牡蠣
  • 蛤(はまぐり)
  • 海苔
  • ビール酵母
  • 白子
  • しらす

これらの食品を摂ることによって、核酸の優れた効果を得ることが可能です。けれど、日々定期的に摂取することは、個人の生活リズムに影響される部分が多く、けっして簡単なことだとはいえません。ですから、これら食品の他にも、核酸含有のサプリメントなどから摂取することをおすすめします。

栄養補助食品を選ぶ際の注意点

ひとえにサプリメントといっても、さまざまなものがあります。核酸含有の栄養補助食品を摂取する際の注意点として、まず頭に入れておいて頂きたいことは、核酸だけでは細胞の原料とはなりえない、ということです。ビタミンやミネラル、アミノ酸などの栄養素があって始めて細胞が作られるのです。

ポイントはビタミン類の併用

このため、核酸だけをたくさん摂取してもあまり効果がありません。併用してビタミンC、Eをとくに多めに摂ってやると、なお良いです。この二つのビタミンは、抗酸化作用が働くことで有名で、アンチエイジングはもちろん、美肌や癌の予防を行う効果があるといわれています。

このため、同様の効果が認められるビタミン類をを一緒に摂ってやることで、より効果を発揮するというわけです。